無精子症でも増える?

無精子症でも増える?

無精子症といっても原因は様々です。
明らかに先天的に問題があり精子がまったく作られない場合もあれば、精子のもととなる細胞を取り出すことができれば妊娠できる場合もあります♪

 

精子が1つも無いか調べるためには開いて調べる方法があります。
精子のもととなる細胞が死んでいれば、当然精子だって作られないわけですから。

 

でも無精子症の方でも亜鉛サプリの摂取で精子の量が改善した方もいます♪
精子のもととなる細胞が死んでいるとはいっても、その細胞をつくる材料が無いだけかもしれません。

 

その方は少し多めの亜鉛サプリを飲んだといいます。
その後数ヶ月くらいで精子が動いていることが確認され、不妊治療の末に妊娠されました。
自然妊娠が難しい場合でも、精子があることが確認できれば希望が見えてきます。
最近ではips細胞の技術で精子のもととなる細胞を新たに作りだす希望もあるようです。

 

無精子症の場合は補助金が対象となる場合があるため、費用は以前と比べてそれほどかからなくなりました。
しかし本格的な治療を始める前に、自分で精子を増やしたい方も多いのでは?
2ヶ月〜3ヶ月程度で食生活の改善にて影響が現われるため、まずは費用がかからない方法から試してみましょう。